アダラートで狭心症を治療しよう

心臓に関する病気には、ニフェジピンを主成分とする医薬品の「アダラート」が有効です。

腎性高血圧にもどの病院にでも使えるアダラートCR錠

アダラートは古くから使用されてきたカルシウム拮抗薬に分類される高血圧治療薬です。心臓に対する効果が高いことから狭心症の治療にも用いることができ、効果が高く予後もよいことが多いことからどの病院においても使用したいと考えられてきました。しかし、アダラートは半減期が短いという特性があることから、投与時に血中濃度が高くなって副作用を生じやすいことに加え、日常的な血圧の制御に用いるには毎日複数回の投与を必要としてしまって使いづらいという問題がありました。こういった問題に対してアダラート以外の持続性カルシウム拮抗薬が開発されて使用されてきましたが、どの病院においても血圧のモニタリングを行いながらでも使用したいと言われるほどの信頼性があったのがアダラートでした。そのため、現場の需要に応えるために徐放性の製剤が実現され、アダラートCR錠として利用できるようになりました。これによって一般的な高血圧や狭心症の治療における第一選択薬としての地位を確保することになったのです。
一方、持続製剤としてどの病院においても使用可能になったことを受けて適応も広がり、腎性高血圧症に対する治療薬としても用いられるようになりました。腎性高血圧症では腎機能の低下を伴うことから使用できる薬剤が制限されることになります。腎臓の機能の低下はレニンーアンジオテンシン系の血圧調節機構に障害が生じることが多く、それによって腎性高血圧が生じます。これに直接作用して血圧を下げるACE阻害剤やARBも現在では治療の第一選択薬に含まれるようになっていますが、その使用実績の多さからアダラートCR錠を使用するケースが多いのが現場での実情となっています。