アダラートで狭心症を治療しよう

心臓に関する病気には、ニフェジピンを主成分とする医薬品の「アダラート」が有効です。

アダラートの服用 オリーブオイルとお茶の摂取

アダラートの有効成分はニフェジピンで、Caブロッカーと呼ばれる高血圧症治療薬です。アダラートをはじめとするCaブロッカーは降圧作用が強力なのが特徴の1つで、素早く確実に血圧を下げることが治療目標となる高血圧症治療においては、最も有効な選択肢の1つとなっています。アダラートは以前は1日3回の服用が必要でしたが、CR錠という1日1回の服用で1日中効果が持続する製剤が開発され、飲み忘れなどのコンプライアンスの問題も改善され、医療従事者も患者もより使いやすい薬となっています。
医療従事者と患者
アダラートの副作用としては低血圧症状である、めまい、ふらつきや頭痛などが挙げられます。これら副作用は過量投与時だけでなく、他剤との併用、飲食物の摂取によっても発現することがあります。なぜならアダラートの有効成分であるニフェジピンの体外への消失経路が肝臓でのCYP3A4による代謝、そしてP糖タンパクによる排出に大きく依存しているからです。CYP3A4によって代謝される薬物は、スルホニルウレア系血糖降下薬、HMG-CoA還元酵素阻害薬、睡眠薬、抗HIV薬、抗真菌薬など多数存在します。よって、ニフェジピンの代謝はこれらとの併用によって遅くなり、主作用、副作用が増強しやすくなります。P糖タンパクによって排出される薬物も多数存在し、それらとの併用でアダラートの作用は増強します。
食べ物の中でもCYP3A4、P糖タンパクに影響するものがあり、それはグレープフルーツジュースとセイヨウオトギリソウです。ではオリーブオイルやお茶は摂取しても問題ないのでしょうか。
オリーブオイルに関しては特に問題ありません。オリーブオイルの成分の中にはCYP3A4やP糖タンパクに影響するものはありません。
お茶に関しても普通のものは問題ないです。ただお茶の中でもハーブティーの中にはセイヨウオトギリソウが含まれることがありますので注意が必要です。