アダラートで狭心症を治療しよう

心臓に関する病気には、ニフェジピンを主成分とする医薬品の「アダラート」が有効です。

アダラートとザクラスとEPAは高血圧を改善します

高血圧を放っておくということは非常に危険なことです。静かな殺し屋と呼ばれているくらい恐ろしい病気です。高血圧を改善するためにいろいろな薬が開発されています。その一つは、アダラートと呼ばれるものです。この薬はカルシウム拮抗薬と呼ばれるもので、カルシウムを阻害する働きをします。血管の収縮にカルシウムは大きな働きをします。血管にカルシウムが入ってくることにより血管は縮まってしまいます。このようにカルシウムの血管への流入は高血圧悪化の原因となります。アダラートはカルシウムが入ってくることを阻止するという働きをします。それによって血管が拡張するようになり、その結果血圧が下がり、高血圧を改善することができます。また、ザクラスという高血圧治療剤もあります。この薬は武田薬品工業株式会社が販売している薬です。これは血圧を上昇させるホルモンとして知られているアンジオテンシンIIを阻害し、その結果として血圧を低下させるというものです。ザクラスもアダラートと同じカルシウム拮抗薬と呼ばれるものです。ザクラスもアダラートといった薬を使うということによって、高血圧を改善し、血圧の安定を図るということができます。高血圧を改善するにはEPAを取るという方法もあります。 EPA とは何でしょうか。これはいわしなどの魚から取れる不飽和脂肪酸のことです。この EPA は動脈硬化の改善を期待できると言われています。動脈硬化の原因として血小板の結集がありますが、それを抑える効果があります。どのようにこれを摂取できるかと言いますと、それは青魚に多く含まれるので、青魚を意識的に食べることによって摂取することができます。またこの EPA を含んでいる高血圧のための薬も存在していますので、医者の判断により処方されることもあります。