アダラートで狭心症を治療しよう

心臓に関する病気には、ニフェジピンを主成分とする医薬品の「アダラート」が有効です。

どの病院にも腎性高血圧にも使えるアダラートの徐放剤

アダラートはカルシウム拮抗薬に分類される降圧剤として世の中に登場しました。カルシウム拮抗薬としても血圧を下げる力が強い部類に入るため信頼性が高かったものの、半減期が比較的短いため血中濃度のコントロールが難しいという点がアダラートを使う場合のデメリットとされていました。どの病院においても血中濃度管理を行いながら投与量を決めるということが行われていたほどに信頼がある薬であり、本態性高血圧、狭心症、腎性高血圧に適応があります。
アダラートの信頼性を伝える看護師
アダラートがさらに汎用されて確たる地位を占めるようになったのは徐放剤の登場によるものでした。徐放剤となることによって低い濃度での作用を持続的に発揮できるようになり、安全面が確保されたのです。これによってどの病院にも気軽に使用できるものとなり、患者に手渡しても医師も不安を感じずに済むようになりました。特に腎性高血圧に有効な薬剤はそれほど多くはないことからアダラートの徐放剤はどの病院においても腎性高血圧で選択されるものになっています。
カルシウム拮抗薬にはもともと半減期が長くて持続性を示すものがあり、日常的な血圧管理や狭心症予防という観点からは両者ともに一日一回一錠で良いという点で同等に優れています。しかし、アダラートの場合には徐放剤でないものも使用できるというのが重要であることも忘れてはなりません。急激に血圧を下げたいときには吸収も早くて強力な降圧作用があるアダラートを用いるのに匹敵する方法はあまりありません。徐放剤を用いて薬自体に対する患者の応答がわかっていれば急に血圧を下げなければならないときの必要な投与量も予測が可能であり、同じ薬を別の目的で使うことができるというメリットは大きいのです。